NOTE

Seek sustainable life with the nature

マッチョのイケメンイタリアーノに囲まれる

宿です。

6人部屋なんだけど、、、

今日から4人組が来るとは聞いていた。

どんな人たちだろうなーと思いながら帰ってきてドアを開けるとそこには…パンツ一丁のイケメンイタリアーノがずらり。

……一瞬止まったよねww

しかもまっちょ。どうしようどうしても裸体に目がいってしまう。

そして男臭がやばいちょっと好きじゃないにおい、なんだろうこれは。

さらに…エアコンがあるのに、エアコン付けずに窓を閉め切っているのはなぜ?暑い。しかしなんか意図してつけてない可能性もあるので、付けられない…みんなはもう寝てしまった。どうしようイケメンに囲まれてると眠れない。ちゅーか、寝顔を見せるわけにはいかないんですけど…!

タイのゲストハウスではこんな出会いがあるのだね。なるほどね。タイ気に入った!笑

 

他にもチェンマイでは色々と冒険をしまして、書きたいことあるんだけど…明日から学校だから寝る!

 

ゲストハウスで友達も出来たんだよ。一緒に日曜のナイトバザールまわって楽しかったな!やっぱりゲストハウスっていいわあ…ひさびさに日本人宿じゃないところ泊まってちょっと新鮮!

 

じゃおやすみ!

怖気付いた夜

ただいまバスの中!

チェンマイに向かってるよ!

 

バスのチケットを適当な案内所で買ってしまって、ものすごく後悔していた。カオサンバスは盗難が多くて危ないって後から調べて知ってしまったし。安全とお金を引き換えにしてしまった…とすごく心配していたわたし。

 

当日案内所待ち合わせで時間前に到着するも、私しかいない。デスクには無愛想な中国人みたいなスタッフがひとり。でもなんか態度が一貫して無愛想だったもんで、逆にちょっと信頼がわく。媚び売って押し売りしようとしないんだもん。

 

それでも不安なわたし。どこかに連れてかれるんだろうか?もし売り飛ばされたらどうしようとか、ネガティブな想像ばっかり。

 

約束の19時を過ぎると、男の子が迎えに来た。歩きでw 彼の後ろについてカオサンロードを進む…!何もない場所で、ここで待ってろと言われる。

 

置いてかれた…!

 

おわりだ!

 

そう思ったけど、なんと後ろから日本語が聞こえた!恐る恐るバスに乗るんですか?って聞いたらそうですって。

 

良かったー!日本人いたー!

 

その人たちに不安をぶちまける。もうほんっとに心配すぎてどん底だったんです。そしたら、これから乗るバスは割と安全度の高い良いバスみたいですよーって教えてくれた!

 

無愛想な中国人スタッフも、そういえばそう言っていた!バスは2種類あるけど、もう1つのやつは良くない会社だから提示しないって。私の選んだやつは良い会社だって。

 

疑ってすみませんでした。

 

そして今無事にバスに乗ってるわけじゃ。

 

WiFi、エアコン、水、お菓子、ご飯付き!車内はほぼ満席!欧米人率多し。

 

こうして無事にバスに乗れたことで、私はまたひとつ成長したことだろう。だけどひとつ落ち込んでることもある。

 

せっかくのミャンマー行きの機会を逃してしまったの…。同じ宿の人がたまたま同じ時期にミャンマーマンダレーに行くって教えてくれて。不安なら空港まで迎えにいくよと言ってくれた。さらに同室の女の子もミャンマーに行きたいから、チェンマイから一緒に行きましょうと言ってくれた。

 

こんな偶然ある?いや、ないね!ミャンマーに呼ばれたね。

 

でも…考えた挙句断ってしまったのだ。その時バスに乗る前で、すごく不安な時だったから、もうこれ以上こんな思いはしたくないと思って。アジア怖いの一心。ばかだな…一晩寝てから答えれば良かったな…

 

バスに乗れたらちょっとほっとして。ミャンマーもひとりで行くんじゃないんだから、行けばよかったなって。

 

でもミャンマーは良くても、飛行機がこわい。LCCが安いから落ちるだなんて思ってるわけじゃないけど…やっぱりこわいねん。

 

だけど何も出来ない人って、出来ない理由ばっかり述べる人だってよく言うじゃん?今の私がまさにそれだなと思ったら悔しくなってきちゃって。

 

べつにそこまでして行きたいほど、ミャンマーに思い入れがあるわけではないんだよ。だけど私の憧れる人たちが、ミャンマーいいよって言うから、この目で見てみたくて。だけど一人で行くのは怖くてねえ…。治安もだけど、狂犬病もこわい。

 

みんな行ってるのに、どうして私はビビりなんだろうかと…この日はすごくネガティブな日だったから自己嫌悪が止まらなくてねえ…。

 

それで友人達に連絡したら、空港に迎えに来てくれるって人が、チェンマイで一度落ち着いてから相談しましょうって言ってくれて!

 

なんだかアジアってヨーロッパよりも、よっぽど観光しづらいと思うのは私だけ?ヨーロッパはスリが多いけど、一人で行けないような場所はなかった。どこにでも観光客が溢れてたし、タクシーでの強盗強姦なんて注意点として上がってこなかった。

 

だけど、アジアは人は良いのに、性犯罪が多い。女性の被害者が圧倒的に多くて、この男女差別に心底腹が立つ!スコータイ遺跡とかも行きたかったけど、周りに人がいなかったら女性の一人歩きは狙われるとか…なんなん!?ほんっと苛々するわ!

 

それなら友人とミャンマー行った方が、まだ心強いわと思ったから、たぶんミャンマー行く。でもマンダレーバガンだけかな、今回は!

 

勇気を出せない自分にすごく落ち込んだ一方で、無謀に挑戦しつづけることだけが勇気じゃないとも思ったり。なんだか複雑なバスの道中でしたわ。

 

自分の中で物事の決断をするとき、理由は必要で。デメリットは出来ない理由ということで。出来ない理由と同じ数だけ、それをやる理由も考え出した上で答えを決めれば、それは逃げではないと自信を持って言えるんだけどね。

素敵な出会い@バンコク

4泊目。相変わらずゲストハウスに馴染めていないわたしですw 昨日ワットアルンに行って観光し終えた気分なので、今日は引きこもってます笑 バンコク、車とバイクが多すぎて歩きづらい。

 

でも昼間にご飯を食べるために、唯一気があう方々と屋台に繰り出しまして。パパイヤサラダとパッタイを食べた!美味しかったー!パパイヤサラダいいね!最近サラダたべてなかったから、これから積極的に食したい。

 

このおふたりとは、結構話が合う!そしてここで出会えたのがかなり奇跡!

 

やすこねえさんは、1年に1回旅をしていて世界各国まわっている人。タイの前は、インドのインパールという場所にいたらしい。そこは日本軍がインドのためにイギリスと戦って、惨敗した地だそうで、未だに遺骨が地面の下に沢山あるんだって。そして今日本財閥が、そこにインパール博物館を立ててるんだって。5万人もの兵士が戦って命を落とした場所…まさかインドにもそんな場所があったとは。

 

そんなねえさんは、このあとミャンマーに行くらしい。私も行きたかったけど、ネットでミャンマーはタクシーの強盗や強姦が増えていると知って、かなりびびってしまった。旅好きの友人に聞くと、そんな事はないって。やすこさんもミャンマーは今行くべきだって。アジア最後のフロンティア。これからタイやベトナムのように発展していくから、今がチャンスだと。。。それでも煮え切らない私。そしたら、ねえさん、24日ならマンダレー空港に迎えに行けるかもって!!それならめっちゃ嬉しい…!!もうお金は関係ない!安全をお金で買うスタイルでいきます!(チェンマイまでのバスチケット買うときも、ケチらなきゃよかったな…)

 

さらに、ねえさんが私のノルウェー留学に興味を持ってくれて、スライドショーでトークしてみない?って。大それたやつじゃなくて、友人の家で友人達と旅をシェアしようっていうものみたい!それなら私もかなり気楽に楽しめそう!

 

ノルウェー留学してましたーって言うの苦手なんだけど、(ちゃらんぽらんだから、あまりお話できることがない)、でもこれは良い機会だと!人前で話すって難しいからね。でも仕事でそう言うことをやっていきたいから尚更!ヨーロッパでのファームステイも結構良いネタだと思っている。

 

それから、てんぺいくん!彼はこのあとカンボジア行ってからコムローイにあわせてチェンマイに行くんだって!チェンマイで一緒に街中をブラついてくれる人がいたらなーと思ってたから、めっちゃ嬉しい!彼も留学経験あって英語が話せるから、外国人のお友達とか増えても問題なさそう。わーい!晴れるといいなあ。

 

私がヨーロッパは旅がしやすかったけど、アジアはバスとか全然ないから旅行しにくくて引きこもってると言ったら、わかってくれた!!嬉しい!!

 

もう1泊して良かったな。すべては、部屋に引きこもっていた私を外に連れ出してくれたねえさんのおかげだな。

 

しかも日本の友人が、ミャンマーに住んでるミャンマー人の友達に私のこと案内できるか聞いてくれるって…!!た、助かりますうー!!その人はヤンゴンらしいから、ヤンゴンに行かなきゃならないんだけどね!列車なら大丈夫かしら?こりゃなんだかんだとミャンマーに2週間くらいいることになるかな。

 

持つべきものは友達!!

 

ちなみにその友人も旅で知り合った人。もう5年前にもなる、オーロラを見たくてカナダのドーソンシティという辺境の地に行った時のこと。ホワイトホースからユーコン川をひとりでカヌーでくだってきたという、私の中で一番最強の旅人さん。今でも時々会って仲良くしてもらっている大好きな人…!

 

はあ…生きてると大好きで大切な人が、どんどん増えていくね…

 

日本帰るのが楽しみだなー!色々やりたいこといっぱい!

 

明日はとうとうバスだー!無事にチェンマイにたどり着けますように…。出来ることならぼったくられませんように。もうどんなにボロいバスでもいいから…。お願いしますよ神さま。(チケットの名前のとこに国名書かれてるんだけど…これぼったくる目印かな?南京錠して、その上からセロテープでがっちがちに固めてやろうと思う。服はとられてもいいけど、相棒のバックパックだけは置いてってほしい。貴重品は貴重品ポーチに入れて、リュックをがっちり固定して抱えながら寝ればスリには合わないかな?)

 

その前にマッサージコース受けるのに必要な証明写真を撮りに行くよ!ビッグカメラまで徒歩1時間だよ!くそっ遠いな!!ちゅーかなんで証明写真が必要なんだ!めんどくせー!

 

 

 

生きにくい私がバンコク観光

はい!

今日は色々あったよーな、なかったよーな。

 

先日、ブダペストの宿で会ったなかなか強烈な面白い人がね、生きにくそうだ〜って言ってたの。私の発言に対して。それを聞いて思った。

 

それだ!

 

と。

 

生きにくい。たぶん、私の性格って世の中を生きにくい。彼は冗談というか、ぺろっと口から出てきただけだと思うけど。

 

私、人の事、考えすぎるのよ。相手の立場にたって考えましょう、を深読みしすぎる。自分が傷つきやすいから、相手にもこれを言ったら傷つけるんじゃ?って思って発言出来ない事がよくある。

 

昔はそれでも初対面の人とぺらぺら喋ってたんだけど、最近、旅で会う人とそれが難しくなってきた。なんでだろう?と思った時、思いついたのが、すごく真面目になってきてるのかなって。

 

ノルウェーを行ってからというもの、世界の問題というものに目が向くようになって、よく旅行しながら世界の暗い話題について考えてる。だから今私が話したいのは、そういうやつ。そういうのをバーって話して、すっきりさせたい。だから初対面の人と喋ってても、そういう話を話したいけど出来なくて、結局人の話あんまり聞いてないw

 

あと人と関わる事が減ってきたから、なんかうまく会話のやり取りができない。こういったら相手は喜ぶ、盛り上がるっていうのが昔はもう少し分かってたはずなのに、最近出てこない。その人の話を聞いて一回吸収して理解しようとしてる気がする。そんで、そのまま吸収して終わり。なるほどね、と笑

 

対人スキル欲しかったわ。ほんと、くそまじめな人間に育っちゃったからな。私の扱いうまい人は本当に助かる。あと私が思ったままを言っても、笑ってくれる人。人が笑ってくれるとほっとする。笑ってくれないと、私といてもつまらんないよねごめんねって落ち込んでゆくからw

 

こう人々の会話は、笑いをとらないといけない、という暗黙の了解があるよね。昔馴染みのメンツとはだらだら喋るだけでいいんだけど、初対面の人とは特にね。あれが難しい。

 

そんなわけで今、私は引きこもっているw

 

今日はバンコクで何したかというと、バスのチケットを買った!チェンマイ行きのやつ。

 

でも何処で買ったらいいのか、どこのバス会社がいいのか、全然分からなくて…。宿の人に聞いたら、飛行機がいいんじゃない?って。

 

それは分かっている。散々ネットでも書いてあった。でも私はよく分からんアジアのLCCに乗りたくない…落ちたらこわい。いくら車事故の方がよく起きると言われても、あんな上空で恐怖の中死にたくない。それに飛行機よりバスの方がエコのはず。

 

本当は電車が良かったんだけどさ…満席でさ…!仕方なくバスに。

 

色々聞いてみたんだけど、まあ勝手ながら、私はちょっとがっかりしたよね!

 

航空会社の安全度は…って聞いたら、まあそれは運だからね!って。

 

バスの会社は…って聞いたら、カオサン通りで色んなエージェントに聞いて値段比べたらいいんじゃない?って。

 

アジア始めてでビビりまくりの私は、事細かに説明してほしいとは思ってないけど、そこまで投げやりな回答もどうなの!?私はこんなことでも萎縮してしまって、面倒なこと聞いてすみませんでした状態になり、それ以上は何も聞けずに宿を出た。結局何も分からなかった。

 

仕方ないから、もうツーリストインフォメーションに行こうと。

 

そんで近くのツーリストインフォメーションへ。知らなかったんだけど、ツーリストインフォメーションて書いてあってもヨーロッパでよく見かけるような観光案内所じゃないのね。あれって個人経営の人たちが勝手に客寄せのために名乗ってるだけなのね…。

 

バスでチェンマイに行きたいというと、明るいおばちゃんが色々言ってくる。拙い日本語を織り交ぜながら。自分はチェンマイ出身だとか、何日いるのかとか。

 

バスは20時発6時着。気になるお値段は1003バーツ。調べたやつより高いぞ?それで予算オーバーだと伝えると、「FOR YOU」の言葉とともに890バーツが提示された。

 

でもちょっと高い…だって私調べによると、750バーツで乗れるはず。それで一回考え直す、と伝えると、おばちゃん一気に愛想悪くなっちゃってw ありがとうと伝えても、目も合わせず、何も言わない。えーww ワイ落ち込みました笑

 

そもそもバスってVIP、1等、2等と種類があるはずなのに、その説明もなかったし…。カオサンのバスは危ない!ってそればっかり言うし…。なんか押しが強くて、気が引けた。

 

落ち込みながらカオサンの通りを見てみる。ツーリストインフォメーションはいくつかあるけど、なんだか入りづらい雰囲気…。そしたら屋内じゃなくて、屋外にテーブル置いただけのインフォメーションを発見。そこでバスはいくらか聞いてみた。そしたら750バーツって。最初からその値段を提示されて、WiFi夕飯水スナックついてるよって。あ、これネットでみた情報と同じだと思って。19時発の8時着で13時間もかかるけど…。もういいや!と思って、ここでチケットを買ってしまった…。

 

バスはカオサン近くの大通りから出発するらしい。バスターミナルじゃないんだ…。楽だからいいけど!

 

しかしチケットを買ってから高まる不安感…。あの会社大丈夫なのか…?

 

でも晴れの日今日しかないから、とりあえずワットアルンの観光に行かなければ!

 

そんで回ってきました、ワットアルン。

f:id:koakI:20181108004146j:image
f:id:koakI:20181108004153j:image

あいにくの曇り空だけど、太陽の光が良い。


f:id:koakI:20181108004210j:image
f:id:koakI:20181108004142j:image

装飾がめちゃくちゃ可愛い!陶器や皿を埋め込んで作られていたよ!


f:id:koakI:20181108004157j:image
f:id:koakI:20181108004204j:image

周りの仏塔には馬に乗った兵士?が。中央の仏塔には3頭の像にのった兵士?がいた。


f:id:koakI:20181108004150j:image
f:id:koakI:20181108004201j:image

こういう植物モチーフが好みです。仏塔はカラフルな植物で埋め尽くされていた。

 

仏塔は外から見るだけで、いまいち面白みに欠けたけどフォトジェニック満載!

 

ワットアルンは川の反対側にあるから、行きはボートで。帰りもボートで帰ろ〜と思ったら、ボートに乗り切れず!次のボートは2時間後だという。

 

…はい?

 

行きにはあんなに出てたのに!何で!?まだ17時前なのに!2時間も何もないところにいるのは時間の無駄だ!と思って、歩いて帰ることにしまして。それはそれは長い道のりでしたわ。宿まで歩いて1時間半かな?

 

でも結構面白かった!観光地からだいぶ離れてるから、地元の人々の暮らしを垣間見れたよ。なにせ歩いてる観光客私しかいなかったからな。

 

ちょうど学校が終わった頃で、学校の前には迎えにきたお父さんが沢山バイクに跨っていたw そして子供達はヘルメットをかぶってバイクに乗って帰る。途中屋台でおやつを買ってる子もいた。学校の前にはアイス屋さんや、揚げ物屋さんがいて大盛り上がり!

 

昭和にあったような開けっぴろげな食堂には、昔ながらのブラウン管テレビが1台だけ置いてあって、蒸し暑い中子供や大人がご飯を食べていた。あのシーンが、すごくノスタルジックで、忘れられない。古き良き昭和の、のんびりした空間だったな。

 

きったねー川で泳ぐ子供もいた。そんできったねー湘南の海で泳ぐ私と変わらないかと思った。

 

f:id:koakI:20181108005127j:image

橋の上から。この広さ、ドナウ川に似ている。

 

帰りの道中、マーケット通りを通った。恐らくだけど、もうすぐやってくる満月の日用の飾りを沢山作って売っていた。そりゃもうずーーーっとそんな光景が続いた。もうすぐお祭りかあ。

 

タイには古い習慣がまだ残ってるんだなあ。

 

私は時々、タイの非効率的なシステムに苛々する。トゥクトゥクの値段交渉制がまじで理解できない。人々に値切られて、格安で乗せるぐらいなら、最初から値段設定しときゃ、ぼろ儲け出来ないかもしれないけど損することもない。

 

屋台がずっと存続してるのもすごい。カゴに魚や野菜を入れて歩き売りしてる人もみた。バイクの荷台に氷を沢山積んで、街をぐるぐるまわって売る人も見た。

 

効率化を突き詰めた結果が、今の東京。

 

乱立するコンビ二や格安レストラン。何でも思い立った時にすぐに手に入る品物。それだけじゃなく、最早ネット注文ですぐに欲しいものが手に入る。どの商品がいいかは口コミを見れば、失敗しない。

 

だから日本の人はコミュニケーションをとることを、どんどんしなくなってしまった。失敗することを恐れるようになってしまった。

 

つらい。

 

トゥクトゥクなんかも、一律料金にしてくれれば楽だけど、値切りのやり取りを楽しんでる部分もあるのかもしれない。会話というものを大事にしてるのかもしれない。考えすぎと思われるかな?

 

値段交渉で揉める事もあるだろうけど、楽しい事もあると思うんだよね。思いがけない料金を口にして、爆笑されたり。

 

いつからこんな社会になったんだろう。ネットが普及してから?情報が少ない時は、自分でトライして失敗して学んでたものな。

 

ネットのおかげでマスメディアによる操作も少なくなってきたから、良い面もあるんだけども。

 

とある人は農業革命は失敗だったという。狩猟民族から定住民族になったことで、作物に支配されるようになった。私たちは手をかけて野菜を育てないといけない、一生懸命働いても量を賄いきれない時もあると。

 

このIT革命は、将来失敗と言われるんだろうかね?私たちはITに支配されてると。もう支配されてるか。自分で生み出したものに振り回されず、上手にツールとしてコントロールしていきたいよね。

 

さて、帰ってから私はネットに頼りましたw バスチケットを買った旅行会社のことを。そしたらなんか怪しすぎてつらい。バスチケットっていうか、手書きの領収書なんだよね。チケットじゃないんだよ。領収書なんだよ…!

 

それでそこに書いてあるホームページを検索すると、ぜんっぜん関係ない人のウェブサイトが出てくるんだよ…。さらにメールアドレスも、Hotmailなんだよ。その前がpecharaとかいうふざけたアドレスなんだよ。こういうのって普通、自分の店の名前じゃないの?ねえ?

 

もう…不安しかない…!これで当日行ったら店が閉まってるか、バスの運転手にこのチケットじゃ駄目だって言われるか、バスじゃなくて小さいバンが待ってるか…。もう何でもいいっす。人を疑うってめちゃくちゃ疲れる。もう買っちゃったからどうしようもないし。宿の人にこのチケットを見せても、わかんないらしいし。旅人たちの情報とかないんかい!と少しいらっとした。情報を集めたいから日本人宿に泊まったのに…。最初から頼りっきりにせず自分で調べてたら、国営バスを使うという結論に至っていたかもしれない。調べまくったらカオサンバス はやべえとか色々出てきた。何で自分で調べなかったんだろう…つらい。

 

はー前途多難なアジア。

 

ぼやぼや

たぶん何かに呼ばれない限り

わたしゃ予定より早く帰国するわw

12月23日帰国のつもりでいたけど

ラオスミャンマーも行くのこわいし

面倒になってきちゃった。

東南アジアならいつでも行けるし、

おそらく私の旅は憧れのアンコールワット

終わるだろう。

もしカンボジアが気に入ったら

いるかもしれない。

 

でも目標にしてた12月23日。

それより前に帰国しちゃうと

目標未達成って気もしちゃう。

 

その一方で、無理してお金使って行くより

日本に戻ってやりたい事を

始めたら良いとも思う。

 

旅疲れではないと思う。

ただ日本でやりたい事を始めたい欲が

ふつふつと沸き起こってるのじゃ。

 

だからそろそろ

この旅も果てが見えてきたかな?

と思う。

 

それに予定は未定ってね。

人生何が起こるかわからんもんで。

色んな出会いやハプニングで

なかなかうまくはいかんものよ。

 

まあ、あれだ。

なんとでも理由はつけられるってこっちゃw

 

旅の果ては、ぽんっと訪れるものだ。

願わくば、ここでいっかじゃなく

ここなんだなと

何かを感じて終わりたいものだ。

 

初アジア!タイ!

実は!色々海外行ったことあるものの、今回初アジアっす!根っからの欧米好きだから、今までアジアはあまりいこうと思わず…

 

あまり交通インフラの整っていないアジアで、私は目的地にたどり着けるのかがとても不安。

 

行きたい国はミャンマーイカンボジア!フライトが安かったから、ど真ん中のタイから始めることに!

 

住み慣れたヨーロッパを去るのはかなり寂しかった…。しかし感傷に浸る間も無く、フライト中に胃を痛めた私…。最近暴飲暴食してたから、ご飯食べると胃が痛くなるんだよね…。もう三十路近いんだし気を付けないとな…うう。

 

タイ入国審査の時に、所持金の証明書とか、帰国便のチケット求められたらどうしよう…とビビって来たものの…何も聞かれず超あっさりー!笑

 

空港でて市内行きのバスを探す!とりあえず宿の人の話によると、出口を出てまっすぐとのこと。よし、まっすぐ!と思って本当にまっすぐ進んだところに、人だかりがあるー!ここで待つんやな、看板ないけどなと思いながら待つ。来ない。

 

目の前にいた欧米風カップルに聞くと、ここでバス待ってるよと。ふむふむ合ってる。そう思ったのも束の間。カップルはタイ人添乗員に案内されどこかに行ってしまった!なんだと!?残されたのは大量のツアー客と、わたし。

 

ここ違うわ。そう思いその場を離れることに。そしたら真後ろにバスいたーww S1と書かれたバスがww 思い込みってすごい!笑

 

そんで運転手に、ここに行きたいから着いたら教えてくれと頼んだのさ。相手が英語不慣れな人だと、わたしの英語力も下がるもので、スクショした場所の写メを見せながらテルミー!テルミー!としか言えなかったww 

 

バスから眺める景色は、日本とあまり変わらないような、でもちょっと違うような。一応Googleマップ見ながら走ってたんだけどさ…気付いたら寝落ちしてたw 飛行機で全然眠れなかったんだよ…。そしたら添乗員さんが起こしてくれて、何処行きたいのかって聞いてきたから、またスクショ見せて。そんでちゃんと教えてくれたよ!優しいわ〜〜

 

そっから歩いて、宿に到着ー!一安心。今回も日本人宿っす。すっかり日本人宿の面白さに取り憑かれてしまった。

 

でも正直言うと、まだアジアの良さがいまいち分かっていない私には、タイの宿には少し混ざりづらい雰囲気があったw まずみんな若いし…笑  世界が好き!旅行が好き!って言うよりは、パーティーピーポーが多い。わたし根暗だからちょっとわからない部分もあったりw 翌日出会ったお姉さんとの、インドの話のが面白かった!宗教とか倫理観の話笑

 

ブダペストのみんなは元気だろーか。

 

そんで何はともあれ荷物を送りに行ってきた。ブダペストで合流した友達がありがたいことに少し荷物を持って帰ってくれて!残りの荷物、貴重なものばっかりを送ったのじゃ!イタリアで買った本革財布とか、ポーランドで買ったポーリッシュポタリーとか…あと本やら何やら。中ぐらいのサイズの箱にパンパンに詰めた。ぶっちゃけ入りきらなくて、一部持ち帰る羽目になった…。中身としては少ないんだけど、陶器とか緩衝材でぐるっぐるに巻いてあるから、めちゃくちゃ幅とるんだよね。

 

結果、3.3キロ!結構重いぞ!日本までのEMSで1580バーツ。5500円ほど。ふむふむ。

 

ただめちゃくちゃ心配なことがさ…EMSの内容物記入のところ、陶器しか書いてないんだよね…。だって2行しかなくてさ。で、事前に宿で書いておいたメモ程度の内容物書いた紙見せて、これだけあるんだけどって伝えたら…それを透明の袋にいれ箱の側面に貼り付けた。え…そんだけ?え…ほんとに?うそだろ?税関止められない?

 

こちとら不安いっぱいです。とはいえ、タイには月末までいるし、返送されてきたら取りに来ようとは思うけども…なんて二度手間!いやだー通ってくれー!さっき空港には届いたみたいだけど…税関チェックは明日かな。

 

ちなみに荷物全部持って郵便局行って箱もらって、自分で梱包。ガムテープにとどまらず、なんか、めちゃくちゃガッチリ梱包してくれてた。

 

それからちょっと観光。ワットポーを外から眺めたり。ほんとはワットアルンを川から見たかったんだけど、川沿い建物でブロックされてるー!全然ワットアルンみえねー!仕方ないから川渡ろうかと思ったら、船代が4バーツ。しかし私の手持ち金、1000バーツのみ。こういう時、私は諦めるのだ。釣り銭ないよ!と舌打ちされたくないから…。またなワットアルン。

 

そんでお腹が空いたから、ご飯を食べることに!ガパオライスが食べたくて。ぷらぷら歩いて可愛い女の子が親切にしてくれた店に決めた!うまかったーガパオライスー。米ってやっぱりいいわあ。ビールも頼んで、145バーツ。500円。安いね!でもやっぱ毎日は外食できんな、こりゃ。地味にビール高い。

 

そんでもって今日、すごいことを知ってしまったのだよ…!タイのATMの手数料で800円も取られてるのは気付いてたんだけど…いっつも現地レート?で、おろしちゃってたんだよねええええ!accept with conversation?って出るから、いつもアクセプトしてたんだよ。アクセプトしなかったら、別のATMに行けって取引中止になると思ってたから!!!そうしたら、wothout conversationにしたら、クレカのカード会社のレートになるんだってね!(海外旅行何年目だ!)

 

さいあくですわ。チェックしてみたら、軽く1000円は多くとられてるわ。こんなとこでもぼったくってくるのか、タイ。こわ。

 

タイでは2回おろしてしまった。2000円の損失だ…地味にショックだ…。まあ今気付いたから良かったとしよう。それにしてもタイはカードが使えなさすぎて困る!いくらおろせばいいか全然わからん。

 

まあとにもかくにも荷物を送るというミッションは終わったので。あとは明日、チェンマイまでのバスのチケットを買う。それから、証明写真を撮る。まじどこで証明写真撮ろうか〜いくらぐらいすんだろな〜。

 

チェンマイの宿はとうとう決定した!タイマッサージスクールから近いところにした!いやーチェンマイ、可愛い宿が沢山あるんだねえ。宿代もめちゃくちゃ安いから、かなり選ぶの楽だったわ!だって7泊で3500円だよ!?最高!

 

まあ女性ドミじゃないのが、どうなるかなーって感じなんだけどさ。7泊もするし。でも寝るだけだから大丈夫かなって!3500円て高い方だし。そっから学校までは徒歩20分。ちょっと遠いかなーとも思ったけど、それ以上近い宿を探すのは大変そうだったからやめた!

 

それからタイの後のことも考えたよ。本当はミャンマーに行きたかったんだけど。やめた!笑 ミャンマーちょっとおっかないんだもん!未だにトゥクトゥクの交渉とか出来る気がしないのに、どこに行くにもトゥクトゥク乗らなきゃいけないミャンマーはつらいっす。タクシーでの強盗強姦も増えてるらしく…タクシー信じられないんじゃ、何処も行けないわ!

 

もう旅も終盤…ここで何かあっても嫌なので、日本に無事帰ることを第一に。ラオスにしました。いやラオスも銃犯罪とかあって怖いんだけどさ…ラオスも行かないかもしんないw ちゃっちゃとカンボジアだけいって帰るかね!

 

いやー東南アジアも意外と治安悪いこと書いてあって、ヨーロッパの方がよっぽど安全だわと思ったね!銃犯罪とかタクシーの犯罪とかないもの!

芸術とお金

これは自分へのメモ用。トランジットまちの10分でとりあえず書きなぐります!!

 

今の時代、芸術ってのはなかなかお金になりにくい。絵画とか写真とか。自分の生活費を削ってでもその芸術を買いたいと思うかと言われたら、本当に自分が好きだと思ったやつをご褒美に買うぐらいだと思う。

 

それで昔のことを考えた。昔は芸術家にはパトロンがいた。圧倒的金持ちのパトロンが。その人たちがいてくれたおかげで、生活費をくれたおかげで一部の天才は、ただひたすらに絵を描き続けた。

 

今でもいるんだろうか?そんな圧倒的パトロンて。そしてサロンで展覧会が開かれる。それはまあ今で言う個展か。それはあるのね。そこで買う。

 

私は本には割と簡単にお金を出す。今日も人間のことを知りたくて3000円の本を空港で迷うことなく買ってしまった。ちょっと高いとも思った。でも自分がこうしてブログというめちゃくちゃ簡単なアウトプットさえ上手に出来ないのを知ってるから、こんなクソ難しい内容を大多数の人たちに分かってもらえるように書くのはめちゃくちゃ難しいと思う。書いてて訳分からなくなってくるんじゃと思う。目次つくるだけでも大変なはず。順番だったり単語だったり。

 

更にこれだけの知識を集めた時間と努力。アウトプットできるまでの、インプットが膨大なのはもう一目瞭然で。だからそれを思ったら3000円て安いぐらいだと思うんだよ。

 

だって…日本でバイトしてたら3時間で3000円稼げるでしょ?だからこの本は私にとって3時間分の労力なんだけど、もちろん私にこの本を3時間で書けるはずもなく。

 

考え方がズレているかもしれないけど、私はそう思うのよね。

 

チリも積もれば山となるけれど、いち消費者として渡す対価としては足りないぐらいなわけです。

 

そんな話をブダペストの宿であった人たちと話をして、改めて価値を考えたわけなんです。

 

野菜も一緒やで。

 

一方で絵画とか写真は、なかなかその労力が見えづらそう。本のように参考文献とか載せられないし、私みたいな素人には使われているテクニックがわからないし…。

 

価値がわかる人間になるって難しい